露天風呂がある部屋もいいですね

テーマパークの帰りに泊まれそうな、少しいい部屋で、部屋ごとの貸し切りの温泉があって、もちろん眺めも良くて、ゆっくり出来るところを探してみると、少し足を延ばせば意外に沢山ありそうです。
思いきって1泊増やせないかな。
相談してみよ。

Filled Under: 温泉

大沢温泉

大沢温泉、依田之庄。

ここは、庄屋屋敷を改築した宿らしいです。

景色に圧倒したので、ちょっと書いてみます。

ここ大沢温泉は伊豆では一番といわれるほどの屋敷らしいです。

趣は昔ながらの宿です。さすがに340年の歴史をもつ宿ですね。

風情があります。

建物の中は少し暗い感じです。

でも、これも現代離れした感じで日常を忘れてゆっくりするのには、とても良いんじゃないでしょうか。

宿の前の道には桜並木があります。桜の咲く春に行ったら最高ではないでしょうか。

温泉は露天風呂もあり景色は最高で圧巻っと言ったところでしょうか。

お湯加減は少しぬるめだそうで、やっぱり少し暖かくなった春に行くのが

この大沢温泉はいいかもしれません。

 

 

Filled Under: 書籍
大沢温泉 はコメントを受け付けていません。

天の丸別邸 離れ宿 風の谷の庵

愛知県額田郡幸田町にある全10室の「隠れ宿」です。離れ露天風呂付き客室で寛ぐ一時は最高の贅沢です。

宿でゆっくりとくつろいでもらえるように、チェックインが14時、チェックアウトも11時と長い時間宿でくつろげるようになっています。

 

部屋に入れば一部屋一部屋に花がいけてあり、四季折々の可憐な花が疲れた体と心を癒してくれます。

お茶菓子とお茶を一服して、山の澄んだ空気を吸うと、この上ない安らぎの一時を感じることが出来ます。

 

全室露天風呂つきで、露天風呂付客室8室、メゾネット式露天風呂付客室2室です。

周りを気にすることもなく入りたい時に入って、心も体もホカホカです。

各部屋には、癒しのCDが置いてあり、香りのお香も備えてありますので、音と、香りと、湯船で、最高に贅沢な一時を過ごせます。

思わず笑顔がこぼれてしまいますよ。

 

浴衣も選べる浴衣で、つややかで、かわいらしい女性を演出してくれます。

露天風呂でしっとりとしたあとは、美味しい食事、その後は各部屋においてある天体望遠鏡で、美しい瞬きの世界を堪能して眠りに尽きましょう。

Filled Under: 温泉
天の丸別邸 離れ宿 風の谷の庵 はコメントを受け付けていません。

緑霞山宿 藤井荘

緑に囲まれて、ロビーラウンジ「山の茶屋」から見える松川渓谷の紅葉は本当に圧巻です。

鮮やかに色づく渓谷の秋を体一杯に感じてみてください。

10月は、与謝野晶子が「鳳凰が山を覆える奥信濃山田の渓の秋にあうかな」

と詠んだ様に色とりどりと織りなす錦に覆われます。

四季折々の風景が堪能できて、春、夏は新緑が美しいです。

 

里山の四季折々の恵みを存分に盛り込んで、 料理人が手塩にかけて造った山里の味は体にしみこむ豊かな香りと、濃厚な味を感じる事が出来ます。

 

地元で採れたての、夏秋野菜、旬の川魚、きのこ、桃、ぶどうやリンゴなどの長野の名産の果物など、

一番美味しいものを一番美味しい状態で、目にも彩りよい和食でいただけるので、

日ごろの疲れも一気に吹き飛んでしまいます。

 

ここの手をかけている点は、お料理は部屋食ではなく、個室料亭、あるいは御簾席でわたしてくれます。

朝ごはんも、丁寧に小さく盛りだくさんで、目の保養にもなりました。

 

器がまた素敵で、信州牛の鍬焼きがとてもおいしかったです。

Filled Under: 書籍
緑霞山宿 藤井荘 はコメントを受け付けていません。

黒川温泉(帆山亭)

寒い日が続いているので、温泉に出掛けたいのですが子供がいるとなるとなかなか大変なんです。

でも、ママ友が黒川温泉(帆山亭)に行って来たと教えてくれたので我が家も来月行ってみようと思います。

お部屋は全室離れで、隣の部屋を気にしなくても良いとの事だし、専用客室露天風呂付きのお部屋もあるとの事なので2歳の息子と5歳の息子が騒いでも大丈夫そうですね。

ネットでお部屋の様子とかを見てみたのですが、とっても広々としていて落ち着きのある空間って感じでした。

今まで、子供が小さいからと温泉旅行とか諦めていたのですが、こおいった個室があるのなら気兼ねなく行けそうですね。

お食事もA5ランクの和牛が食べられるとのことだし、小国ジャージャーグラタンも食べられるそうです。

息子が喜ぶというよりは、親が喜んでいそうですね。

寒い時期はやっぱり温泉に限りますね。

Filled Under: 書籍
黒川温泉(帆山亭) はコメントを受け付けていません。

本陣平野屋 花兆庵

飛騨高山の朝市から一分の所にある趣のある旅館です。
大切な記念日に大切な方と訪れてみたくなるような旅館です。

料理はこだわりのある地元の食材を厳選しています。
飛騨のみそ、飛騨の丸大根、そして、A5等級の飛騨牛。
変わったものでは山も村のカンボシ大根。

魚は氷見で取れた寒ブリが今は旬です。
鰤の通る道を“ぶり街道”と呼びますが、ゆかりの深い食材ですね。

高山の風情ある街を散策して疲れを本陣平野屋 花兆庵の温泉でしっかりとって、
見た目も美しく彩られた食事に舌鼓。贅沢なひと時を過ごすには申し分がないですよ。
とにかく豪華な食事でした。

大浴場はバスタオルとタオルが常備してあって使いたい放題ですから、
何度でもお風呂に気持ちよく入る事ができます。

この旅館はすべての面でトップランクなので、
高山に来たときはこの旅館以外には泊まらないって
こだわっているお客さんもおられるようです。

川側に止まれた場合は高山の川にかかる赤い橋が見える絶好の場所です。

旅館はインターネットで見るととっても素敵に見えるのに
いざ泊まったら全然違っていたって言う旅館ってよくある話ですが、
この旅館はホームページそのままの素敵な旅館でした。

Filled Under: 温泉
本陣平野屋 花兆庵 はコメントを受け付けていません。

伊香保温泉「旅邸 諧暢楼」

訪れてチェックインの手続きを済ますと、すぐに、シャンパンとちょっとした和菓子で出迎えてくれます。
贅沢であるが何ひとつ無駄がない上質ってこういうものなんだと感じる超一流旅館です。
ここへは、懸賞がみごと当選したので、夫婦そろっていけることになったんですが、こんな高級旅館に泊まれるのは、一生に一度かもしれない・・・。
全部で8室しかないという、グレードの高い旅館で、その中でもグレードの高いジャパニーズスイートは3室で、一泊一人10万円以上という超高級旅館なんです。
料理は、研ぎ澄まされた超一流腕と、最高級の素材で、盛られる器にもこだわって、完成度の高い料理です。
値段が一流の旅館ってすべてに手抜きもなければ、こだわり、おもてなしも超一流なんですね。
「諧」はやすらぎや、やわらぎを意味し、「暢」はゆっくりと伸やかにお客様にお過ごし頂きたい、その願いを込めて名付けたそうですが、納得です。

Filled Under: 書籍
伊香保温泉「旅邸 諧暢楼」 はコメントを受け付けていません。

月のうさぎ

静岡県伊東市の伊東温泉の旅館ですが、日本一予約が取れにくい旅館だよときき、興味を持ちました。
全室露天風呂付客室の離れの温泉旅館ということで、他のお客さんにあわないので、気をゆったりとして過ごせるところみたいですね。
8棟しかないので、一日に最高8組のお客様しか予約を取れないんですから、なるほど、日本一予約が取れないというのは、そういう理由もあるんだと思いました。
部屋についている露天風呂は6人くらいは十分入れるような大きなお風呂で、前面はパノラマのような大きな広――い海。月が綺麗な晩には、真っ暗な海に、月の道が一筋スーッと、まるで導いているかのよう。
夜のお食事は、掘りごたつの個室でゆっくり味わいながら楽しめるようです。
毎日あわただしい日々を送られている方で、疲れを感じている方が、癒されてまた頑張れるような旅館です。
誰に気を使う事もなく、何もしなくてのんびりと美味しい料理と絶景を楽しむ。
これって、大人にとって最高の贅沢!
月のうさぎの部屋の写真と海を見ただけで、うっとりしてしまいました。

Filled Under: 書籍
月のうさぎ はコメントを受け付けていません。

ゆったり旅館でくつろぎたい!

普段の仕事やしがらみでたまったストレスを、旅行でゆったりと発散したいな~と思います。

の~んびり自然の美しいところで心にうるおいが欲しいと思ったり、逆にアクティブにディズニーランドやユニバーサルスタジアムで、思い切り遊びたいと思ったり。

旅館で部屋食って料金が高いので、あんまりした事がないのですが、部屋食はいいですね~!周りを気にせず、贅沢な料理を自分達のペースでゆっくり味わっていただけて、上げ膳据え膳なんて、普段の生活でないですもの。

主婦にとっては、なんて贅沢なんだろう~って思います。
いつか、子供達が「母さん、たまには旅行に連れてってあげるよ」なんていたわってくれる日がくるといいな。

一生のうちにいつか必ず、行ってみたいな~と思っている旅館があります。

日本庭園付き、部屋にはヒノキの風呂付。くつろぐためのアメニティーが至れり尽くせりで、5つ星旅館だそうです。

子供が自立したら、貯金をして、友達と一緒に行けたらいいな~。

 
 

Filled Under: 書籍
ゆったり旅館でくつろぎたい! はコメントを受け付けていません。

しろがね温泉

住所
 青森県八戸市白銀3-5-5
電話
 0178-33-0220
コメント
 大浴場:浴槽は浴室左側に並んでいて、6人ほど入れるジャグジー併設の熱湯、底がつながっていて8人ほど入れる電気風呂併設の温湯、薬湯、サウナ、水風呂で構成されています。湯は若干緑がかった熱め~少し温めの湯が半循で利用されています。

Filled Under: 温泉
しろがね温泉 はコメントを受け付けていません。

Designed by: Debt Settlement :: In Collaboration with Debt Consolidation, Cash Advance, Bad Credit Personal Loans